不動産物件を購入する前に比較することが大切

訳あり物件の魅力

女性

都心でも賃料が低い

東京は人口密度が高く、また国内外から多くの人がやってきて居住している国際都市です。このため住宅需要は旺盛であり賃料も日本一高い地域といえます。一方で、そんな東京でも安い賃料で提供されている物件があります。それが事故物件です。事故物件とは、訳あり物件とも呼ばれ、何らかの事故があったものを指します。ただ厳密には訳ありと事故には違いがありますが、訳あり物件の一種が事故物件といえます。訳あり物件は、何らかの理由があって安いということであり、その理由としては建物が古いといったことです。特に耐震基準を満たしていないぐらいに古い建物で、かつ室内リフォームもほとんどされていないような価値そのものが低いものは訳あり物件の最たるものといえます。また何らかの理由で借り手がつかないようなものも訳あり物件です。ただ、東京のような住宅需要の旺盛な地域では訳あり物件はほとんどないのが実状です。一方で事故物件は、その部屋で人が死んだといったケースです。ただ死んだといったケースでもすぐに発見された場合には事故物件というほどではありませんが、発見が遅れてしまって腐敗がしてしまったり、また傷害や殺人といった現場になっているケースが事故物件として扱われます。また自殺も事故物件に該当します。このような物件ではリフォームなどなされていますが、やはり借り手がつかない傾向にあります。特に事件などで大々的に報道されたような建物では、その建物そのもののイメージがダウンしてしまうため、事故物件として扱われます。ただ東京の場合には住宅需要が旺盛ですから、見つけ出すのが難しいものです。特に不動産業者としても賃料が高い方が手数料が多いので事故物件を一般の物件と同じように探し出すのは難しく、独自に探し出さなければいけません。